【問題集】免許の試験(学科):ひっかけ「車は交通標識を守らなくてはならない」答えは?

面白記事 | 2016-03-22 19:30:00
42709 Views

Image of 【問題集】免許の試験(学科):ひっかけ「車は交通標識を守らなくてはならない」答えは?

今から免許を取得しようという方。学科テストのひっかけ問題は異常にウザイです。免許(教習所)の学科テストには間違いやすいというか、日本語として意味のおかしい問題があります。すでに免許をお持ちの方も、たまには「あのウザさ」を思い出してみませんか?

【目次】
・免許(教習所)の試験(学科テスト)のウザさ
・他の高レベルなひっかけ問題も
・どうしたら良いのか
・ひっかけ問題の考え方
・迷ったら、こっちを選べ

 

免許(教習所)の試験(学科)のウザさ

まずタイトルにもあった例を1問見ていただきましょう。
○か×で答えてください。

Q.車は交通標識を守らなくてはならない。

どうでしょう。
車は交通標識を守らなくてはいけませんよね?
でも、答えは「×」だそうです。

はい!?何言ってるの??

理由:交通標識は車だけでなく、歩行者(人間)も守らなくてはいけないから

・・・そりゃそうですが、この問題の答えを「×」にさせたいのであれば、下のように

Q.車"のみ"が交通標識を守らなくてはいけない。

にしないといけませんよね?
これは、免許(教習所)の学科テストの中でも特に、日本語的に誤解を起こしやすい問題ですが、このように頭のおかしい問題が所々出現するのが、免許(教習所)の学科テスト(本免とも言う)。
ウザイですよね。
ただ、そのようにされてしまっている以上、この頭のおかしさを想定して、乗り越えていかなければ、免許を取得できないのです。

 

他の高レベルなひっかけ問題も


出典:free-illustrations-o01.gatag.net

○か×でお答えください。
答えは問題の下にあります。

Q1.原動機付き自転車は公道で50km/h以上で走ってはいけない。

Q2.夜の道路は危険なので気をつけて運転しなければならない。

Q3.標識のない道路を運転する時、100km/h以上で走行してはいけない。

Q4.公道を一般自動車で運転する際には必ずシートベルトを装着する必要がある。

Q5.制限速度30km/hの道路では、その制限速度を超えて走行することは許されない。

答えと頭の中

Q1.原動機付き自転車は公道で50km/h以上で走ってはいけない。
頭の中「30km/h以上ダメだから、○でしょ。」
答え:×
理由:50km/h以上ではなく、30km/h以上だから

頭の中「いやいや、30ダメなら50もダメなんだから○で良いじゃないですか。法律の表記として○か×かという問いであれば、この理由で×なのでしょうが・・・」

Q2.夜の道路は危険なので気をつけて運転しなければならない。
頭の中「そりゃ気をつけないとな!○だよ。」
答え:×
理由:昼夜問わず気をつけて運転しなければならないから

頭の中「夜"だけ"なら×だけど、夜も気をつけなきゃいけないんだから、聞き方おかしいくない?」

Q3.標識のない道路を運転する時、100km/h以上で走行してはいけない。
頭の中「60km/h以上だけだから、100km/hもダメだろ、○!」
答え:×
理由:走行してはならないのは60km/h以上だから

頭の中「だから、60km/hがダメなら100km/hもダメだろうが。」

Q4.公道を一般自動車で運転する際には必ずシートベルトを装着する必要がある。
頭の中「シートベルトはしなくちゃな。○。」
答え:×
理由:荷物はその限りではないから

肉声「てめー、そろそろいい加減にしろよ。主語を言え!主語を!!」

Q5.制限速度30km/hの道路では、その制限速度を超えて走行することは許されない。
頭の中「緊急避難は大丈夫なはず。×だ!」
答え:○
理由:制限速度を超えての走行は許されない(ただし緊急避難時などを除く)

モキィィィィ!!!勝手に除いてんじゃねぇぞタコがぁぁ!!

 

どうしたら良いのか

問題集やネットで問題を解きまくる

免許(教習所)の学科テストには、基本的に教科書や問題集を繰り返し解き、基本となる問題自体を覚えてしまうことをオススメします。
学科テストに出てくる問題は、基本的に教習所でもらったり購入したりする問題集と、ほとんど同じです。
とは言っても、ひっかけ問題には「これが来たら要注意!」という法則のようなものも存在します。

短期間で免許を取りたい方はこちら

ひっかけ問題の考え方

教科書(教則)にかいてある内容(ルール)と、表記が微妙に違う場合に「ひっかけ問題」と考えてもよいでしょう。
下に書いてある内容について、それぞれが教科書(教本)の書いてある内容と同じかが判断できれば、問題なく解くことができます。

数字は正しいか


上にあったひっかけ問題のように免許(教習所)の学科テストには、数字の問題があります。
その場合、一般的には「含まれている」と捉えることができても、その数字が明記されていなければ、違うんです。
例えば「Q3.標識のない道路を運転する時、100km/h以上で走行してはいけない。」です。
これは、60km/h以上と明記されていないので、×なんです。
日本語的には正しいのですが、免許(教習所)の学科テストでは、正しくないのです。

タイミング(時期)は正しいか

「直前に」とか「3秒前から」、「30メートル手前から」とかです。
これも正しいルール通りの表記がない場合は、間違えであることが多いです。
たとえそれが、日本語的には正しくてもです。

場所は正しいか

「その場に」とか「交差点の・・・」「勾配の急な上り坂」といった場所を指定している問題です。
場所によって○なのか×なのかが大きく変わりますので、ご注意ください。

名前と役割は合っているか


それぞれの名称の物は場所に対して、その果たす役割が正しいかどうかです。
例えば「エンジンオイルの量は油圧計で測る」という問題は、×です。
油量計で測るというのが正解です。
他にも「徐行」と「減速」は違うとか、「規則標識」「指示標識」「警戒標識」「案内標識」「補助標識」はそれぞれ違った意味を持っていたりする所が出題されることもあります。

区分は正しいか

「自動車は」とか「車などは」とか「大型自動車は」といった具合に言い方によって、示している範囲が違います。
示している範囲が違えば、禁止事項も変わってきますので、しっかりと区分(範囲)を覚えましょう。


※イメージですので、しっかりと教科書(教本)で学びましょう。

大事な単語が抜けてないか

例えば、「上下左右」が「左右」だけになっているとかです。
これに関しても繰り返し申し上げますが、免許(教習所)の学科テストでは、「左右」だけで意味が通っても「上下左右」でなくてはいけません。

短期間で免許を取りたい方はこちら

 

迷ったら、こっちを選べ

免許(教習所)の学科テストでどうしてもわからない場合は、これを参考にすると良いでしょう。

この言葉が出てきたら○が多い

・原則として〜〜する。
・確実に〜〜する。
・必要に応じて〜〜する。
・必ずしも〜〜とは限らない。
・危険防止の為、やむを得ない場合は〜〜しても良い。

この言葉が出てきたら×が多い

・必ず〜〜しなければならない。
・絶対に〜〜しなければならない。
・どんな場合でも〜〜しなければならない。
・いかなる場合でも〜〜しなければならない。
・〜〜に関係なく、〜〜しなければならない。
・〜〜に関わらず、〜〜しなければならない。

たしかに相当な確率で正解できます。
実は、これは昔から言われているテクニックです。
ルールを覚えなくてはならないテストでは、こういった裏技がでてくるのも仕方ないかもしれませんね。

 

その他試験中のアドバイス

まず、問題数が多いので時間がなくなりがちです。
しかし、怪しい問題が隠れているので、問題は「最後」まで「2回」読むようにするとよいでしょう。
もう一度言います。
最後まで2回読みましょう。

最後まで読むのは何故?

これは問題を正確に捉えるためです。
当たり前の話ですが、文章は最後でいきなり意味が変わることがあるので、時間がないからといって、文の前半だけ読んでいては、問題を正確に捉えることができません。
変な例かもしれませんが、わかりやすい例ですと「車は右側通行である」なのか「車は右側通行ではない」なのかで答えは変わりますよね?
少し長い文になっても同じですので、しっかりと最後まで読みましょう。

2回読むのは何故?

2回読むのも、意味を正確に捉えるためです。
1回では、意味が入ってこない場合があります。
時間もなくて、緊張もしているかと思いますが、なるべく2回読んだ方が正確に意味を捉えることができるでしょう。

 

学科テスト「教習所の仮免」「本免の試験」

念のため、教習所の仮免の学科試験と、本免の学科試験の概要について載せておきます。

教習所の学科試験

教習所での学科試験は、○×問題です。
・記入方式:マークシートに記入する方式
・問題数:50問 1問2点の100点満点
・制限時間:30分
・合格点:90点以上

本免許の学科試験

本免の学科試験も○×問題です。
・記入方式:マークシートに記入する方式
・問題数:90問(各1点)+イラスト問題5個(各2点)の合計100点
(イラスト問題では、1問の中に3つの設問があり、3つ正解できて2点)
・制限時間:50分
・合格点:90点以上

免許をお得に取るならこちら

 

 

全国の教習所一覧を見る

東京都

千葉県

神奈川県

群馬県

埼玉県

茨城県

山梨県

静岡県

長野県

合宿で免許はこちらから

 

この記事について

参考になりましたか?

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ

面白記事

【問題集】免許の試験(学科):ひっかけ「車は交通標識を守らなくてはならない」答えは?

今から免許を取得しようという方。学科テストのひっかけ問題は異常にウザイです。免許(教習所)の学科テストには間違いやすいというか、日本語として意味のおかしい問題が...

面白記事

【神動画】ゴーカートで超絶テクの天才少年!スゴすぎ動画が世界で大注目

たった35秒で圧倒的なスキルがわかります。まだ少年なのに去り際までカッコ良すぎて・・・将来が楽しみです。

面白記事

【返り討ち】迷惑なDQN車を瞬殺する方法

たまにいますよね。ヤカラというかDQNというか。どっちも同じですけど。返り討ちにしてやりましょう。

面白記事

【衝撃動画】カンガルーが車をキックしたら・・・

みなさん、おなじみのカンガルー。ネットでのカンガルーの評判は「マッチョ」で「やばい奴」とされています。今回はドライブ中に野生のカンガルーにエンカウントし、先制攻...

面白記事

【問題】バスは右・左どちらに向かうでしょうか?大人には難しいらしい

子供は即答できるようです。ですが、大人の方には難しいと話題です。おわかりになりますか?

ページ上部に戻る