「ハイオク」と「レギュラー」の違い

乗る | 2015-10-26 21:00:00
937 Views

Image of 「ハイオク」と「レギュラー」の違い

ハイオクとレギュラーの違い、分かりますか?「レギュラーの車にハイオク入れたら、どうなるの?」なんて思ったことありませんか?今回は、そんなハイオクとレギュラーの違いについて、できる限り簡単にお話していきましょう。

【目次】
・1ヶ月に269件も燃料の入れ間違いが
・違い①ハイオクの方が値段が高い
・違い②ハイオクの方がレギュラーより燃えにくい
・異常燃焼燃しにくいメリット
・値段が高いのは成分が少し違うから
・結論
・軽油とガソリン

 

1ヶ月に269件も燃料の入れ間違いが

JAF(日本自動車連盟)によると燃料の給油間違いによるトラブルで救援要請は、全国で1ヶ月に269件もあるそうです。
それはハイオクとレギュラーの入れ間違いというだけではなく、「軽自動車だから軽油だと思った」というものが大半のようですが、燃料の油種間違いは、みなさんが燃料についての知識があまりないことが原因とも言われています。

 

違い①ハイオクの方が値段が高い

ハイオクの方がレギュラーよりも高いです。
でも、なぜ高いのでしょうか?

 

 

違い②ハイオクの方がレギュラーより燃えにくい


出典:http://free-photos.gatag.net

「え?じゃあ、ダメなんじゃないの?」と思ってしまう方もいると思いますが、説明していきますので、ご安心下さい。

「オクタン価」の高さが違う


出典:http://web.kyoto-inet.or.jp

まず「オクタン価」というものを聞いたことがありますか?

オクタン価とは:ガソリンの燃えにくさ(異常燃焼のしやすさ)を100で表したもの

ハイオクはオクタン価が96以上のもの、レギュラーは89以上のものと決まっています。
もう少し厳密にいうと、ガソリンにイソオクタンという炭化水素が入っていると異常燃焼がしにくくなるので、それをどれぐらい含んでいるかという話です。
とにかく、ハイオクはオクタン価というものが高くて、その結果レギュラーより燃えにくい、ということです。
ここで、燃えにくい方がダメなんじゃないか?と疑問を持たれる方もいるでしょうから、続けて解説していきます。

 

 

異常燃焼燃しにくいメリット

次に、異常燃焼しにくいのがなぜイイかということですが、これを理解するためにもエンジンを動かす仕組みから見ていきましょう。

ガソリンエンジンの動かし方


出典:http://laboratory.blue

1.まず通常のガソリンエンジンの動かし方ですが、エンジンの中にガソリンと空気を混ぜた気(混合気)を送り込み、その混合気をスパークプラグといわれるもので点火して燃やします。
その爆発のパワーを利用してエンジンは動きます。
そしてその爆発力は、よりたくさんの混合気があった方が大きな爆発になり、より大きなパワーを生み出します。

 

2.どうやってたくさんの混合気を送り込むのか。
それには混合気を「圧縮」する必要があります。
ですから、より大きなパワーで走るスポーツカーなんかは、より普通の車に比べて混合気を圧縮しているのです。
しかし、この「圧縮」が厄介なんです。
圧縮すると混合気は非常に熱くなってしまうのです。
そうすると自身の熱で勝手に燃えてしまうことがあるのです。

 

もうお分かりになってきましたか?
ハイオクは燃えにくいので、より強い圧縮に耐えることができます。
ですから逆にいうと「ハイオク限定」の車は、高圧縮を必要とするパワーのある車ということもいえるかもしれません。

ここまで理解すると、ハイオク限定の車にレギュラーを入れるのは、ヤバそうなのがお分かりになりますか?
だって、エンジン内で勝手に爆発が起きる可能性が高くなるのですから。

 

3.では、勝手に爆発が起こるとどうなるのか。


出典:獣電戦隊キョウリュウジャー

その時には、通常は1つの火種(スパークプラグ)での爆発になるところ、もう1つ他の爆発が起こるということになります。
単純に考えると爆発の速度が2倍になるわけです。
その際、音波のような衝撃波がエンジンの中の壁に激突します。
この時になる音が「キンキン」と金属をハンマーで叩いた(ノックした)ような音がすることから、一連のエンジン内での異常燃焼を「ノッキング」といいます。
こうして、エンジンに傷がついたり壊れたりすることがあるのです。
しかし、最近の車はこのノッキングを制御する電子ノッキングセンサーがついており、比較的安心ではありますが、恐ろしいですよね。
そもそもエンジンは、おそろしく緻密に計算されたタイミングで点火して、エンジンを動かしているので、爆発のタイミングが狂うだけでも、上手く回転しません。

これで何となくハイオクが、どんなものかお分かりになった思います。
では「なぜ高いのか?」というところまで話を戻しますと・・・

 

 

値段が高いのは成分が少し違うから

その成分の違いが、ハイオクを製造する過程でより多くの手間をかけさせているのです。
ですから、少しお高くなってしまうんですね。

ただし、今回は成分の話までしても化学の授業になってしまいますので、止めておきましょう。

 

 

結論

ズラズラと書きましたが、ハイオクとレギュラーの違いについて振り返ると

①ハイオクの方が値段が高い

②ハイオクの方が燃えにくい=エンジンに安全

ってことですね。

 

軽油とガソリン

ディーゼルエンジンの車と、ガソリンエンジンの車の違いについても、少し触れておきましょう。
ディーゼルエンジンの車は軽油で動くのですが、絶対にガソリンを入れないようにしてください(ハイオクでもレギュラーでも同じ)。
また、ガソリンエンジンの車に軽油を入れるようなことも絶対にやめましょう。
特に軽自動車のあなた。
軽自動車だから軽油って、安直すぎます。
きちんと「どんな燃料を給油したら良いのか」が給油口のフタに書いてありますので、給油前にフタを開けたタイミングで確認してください。

軽油とガソリンの違い

軽油とガソリンの違いですが、簡単にいうと、燃焼する温度が違います。
何℃の時に燃えるのかっていうことですね。
この燃焼温度が違うので、エンジンの中ではハイオクとレギュラーの話のように、異常燃焼を起こします。
そうなると、そのエンジンでは激しいノッキングが発生し、黒い煙をあげることになります。
この状態になってしまったら、高いお金を払ってエンジンを取り替えたり直したりする以外、その車は動くことはありません。

 

この記事について

参考になりましたか?

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ

乗る

【嘘?本当?】合法でパーキングメーター無料駐車の使い方!?調べた結果・・・

街中で見かけるパーキングメーター。ある男性が巻き込まれた「いざこざ」が原因で、合法でパーキングメーターを無料で使う方法が判明した?とネット上で大変話題になりまし...

乗る

【衝撃動画】車を出した20秒後・・・。すでに車庫の姿はそこにはなかった。

衝撃的な動画が撮影されました。おそロシアです。

乗る

車の走行距離を調べる方法(ODOオドメーターとトリップメーター)

自分の車って、いま何キロくらい走ってるのかな??車を売却する時にも、何キロ走っている車なのかは大事な要素です。今回は、車の走行距離の表示方法(調べ方)を解説しま...

乗る

ドライブデート!完全攻略(男女別)

ドライブデートは気をつけないといけないポイントが盛りだくさん。ドライブデート中はもちろん、誘う時には細心の注意を払う必要があります。服装にマナー、デートスポット...

乗る

【問題:上司の席は?取引先が運転する時】車のビジネスマナー徹底解説!上座はどこ?

日本のビジネスマナー。それは美しさなのか無意味なルールなのか。そんな議論はさておき、上司が絡むと日本では車の乗り方にまで「常識」が発生します。どこが上座でどこが...

ページ上部に戻る