人生に役立つ名言「F1レーサー編」

一覧・ランキング | 2016-02-09 12:48:00
664 Views

Image of 人生に役立つ名言「F1レーサー編」

常に命の危険と隣り合わせのレーサー達。目の前でライバルが命を落とすことも。一つのミスも許されない世界で、彼らは何を思い、何を感じているのか。深みを感じずにはいられない名言をご紹介します。

 

考え得る最高を常に行う。

byミハエル・シューマッハ


出典:http://livedoor.blogimg.jp

ミハエル・シューマッハ/ミヒャエル・シューマッハは、ドイツ出身。
ドイツ人初のF1ドライバーズチャンピオン。
最多優勝91回、チャンピオン獲得7度などF1の主な記録を更新した。

いくら自分に完璧を求めても、完璧な人間なんてどこにもいない。結局、自分や他人の失敗から学んでいくしかないんだ。

byアイルトン・セナ


出典:http://carbic-town.com

アイルトン・セナ・ダ・シルバは、ブラジル人の元レーシング・ドライバー。
F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した。
彼はイタリアでのレース中にクラッシュ。
病院に緊急搬送されたものの享年34歳で帰らぬ人となった。

 

 

人生にはワールドチャンピオンシップよりも大事なことがある。生きていることだ。

byニキ・ラウダ

アンドレアス・ニコラウス・ニキ・ラウダは、オーストリア出身。
1975年、1977年、1984年のF1チャンピオン。
「スーパーラット」、「不死鳥」の異名を持ち、その走りはコンピューターと云われた。
1976年のドイツグランプリ中の大事故で生死をさまようも生還し、復帰を果たす。

 

 

ゆっくりでも着実な者がレースに勝つ。

byフェルナンド・アロンソ


出典:http://www.youngflavor.net

スペイン出身のフェルナンド・アロンソ。
2005年に、当時のF1史上最年少ドライバーズチャンピオン記録を樹立し、翌2006年には連覇を達成。

 

 

先のことは心配せずに、ひとつひとつレースを戦っていこう。最終的に勝てれば言う事ないし、負けたとしてもこの世の終わりが来るわけじゃない。

byセバスチャン・べッテル


出典:http://blog.livedoor.jp

西ドイツ出身。2010年、2011年、2012年、2013年のF1ワールドチャンピオン。史上最年少ワールドチャンピオン・史上最年少優勝をはじめ、F1において数々の最年少記録を樹立。

 

 

レースとは勝つ為にするもの。勝つためにトレーニングしているし、勝つことだけを考えて準備している。2位になる準備なんてしていないからね。

byルイス・ハミルトン


出典:http://www.gpupdate.net

ルイス・カール・デビッドソン・ハミルトンは、イギリス出身。
2008年に当時の史上最年少でF1ワールドチャンピオンを獲得した。

 

 

契約には死も含まれている。

byフランソワ・セベール


出典:http://www.formula1encatala.com

アルベール・フランソワ・セベール・ゴールデンベールは、フランス人の元F1ドライバー。
実際に彼は29歳の時にアメリカでのレース中に事故死を遂げた。

 

 

かなり厳しい状況であることは分かっている。でも勝てる可能性がある限り全力を尽くす。

byキミ・ライコネン


出典:http://f1-gate.com

キミ=マティアス・ライコネンは、フィンランド出身。
2007年のF1ワールドチャンピオン。

 

 

F1とは

フォーミュラ・ワンの略。
フォーミュラカーとは、車輪とドライバーが剥き出しになっている規格の4輪のレーシングカー。
国際自動車連盟(FIA)が主催する世界最高峰のレースシリーズで、最高時速300キロを超えるモータースポーツにおける最高峰。
F1ドライバーは上記FIAの発給するモータースポーツライセンス最高位のスーパーライセンスを所持していなければならない。
参加人数(チーム数)は毎年変動があるが、1チームから2人(2マシン)が出場する。
例えば、11チームの年(22人のレーサー)もあれば、12チームの年(24人のレーサー)もある。
レース数とその順番も毎年変動がみられる。
レース毎に上位10位までにポイントを与えられ、その合計得点で競う。
個人としての合計得点とチームとしての合計得点の両方で競い合うため、個人スポーツでもあり団体戦でもある。

 

 

まとめ

どうでしたか?
他にもたくさんありますが、あまりにも勝利に固執する発言も多く、日常にはあまり馴染まないものもあったので・・・
しかし、彼らは勝利するために、成功するために、命をかけて真剣に生きています。
中には共感だったり、感銘するような言葉もあったのではないでしょうか?

ピンチになった時、不安になった時、彼らの言葉を思い出してみるのもアリかと思います。

 

人気記事
注意!もしコレが車のドアにあったら、車が危険!

この記事について

参考になりましたか?

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ

一覧・ランキング

【犯罪】車上荒らし・盗難に狙われやすい車ランキング!と6つの対策

車上荒らし、盗難。被害にあう車に「年式」や「値段」は関係ありません。ある日、いきなり「車がない」「カバンがない」なんてことがないようにしましょう!

一覧・ランキング

【しかも無料】アニメの世界のような穴場スポット一覧!ディズニーだけじゃない

アニメや映画の世界に迷うい込んだ気分になれる場所は、ディズニーやUSJだけではありません!しかも今回は無料の場所を紹介!ドライブにもってこいの場所ばかりなので、ぜ...

一覧・ランキング

【危険】やばい車の特徴一覧!絡まれた時の対処法

面倒なことになるかも。「やばい車」には、なるべく近づかないようにしましょう。また、それでも絡まれてしまったあなたは、焦らずに対処しましょう。

一覧・ランキング

都内から行ける「美しすぎる」満天の星空スポット8つ!

見たことないくらいのたくさんの星。都心ではみることができない満天の星空が、少しだけ足をのばせば目の前に。イルミネーションとは違う「本物」の輝きで感動してください...

一覧・ランキング

【爆笑】海外では「やばい意味」になる日本車の名前8台!「鼻くそ」「女性のアレ」など

普通の日本語も海外では全く別の意味になる話って結構聞きますよね。今回は海外だとヤバイ意味になってしまう国産車をピックアップ!!

ページ上部に戻る