自動車の盗難防止アラーム(警報)の止め方

乗る | 2016-02-20 13:50:00
630 Views

Image of 自動車の盗難防止アラーム(警報)の止め方

なぜか自分の車なのに盗難防止の警報が鳴ってしまったことは、ありませんか?止め方なんて、お店の人も教えてくれなかったし、教習所でも習ってない・・・どうしたら!?

どうやって止めるのか?

まずは結論から。
大抵の場合は、以下の2通りで止まることが多いです。

・スマートキーで解錠ボタンを押す

・エンジンをかける

ただし・・・後でお話ししますが、これで確実に止まるという訳ではございません。

こんなことありませんか?

盗難されそうになった訳ではないのですが、突然ホーン(クラクション)がなり始める、こんな経験ございませんか?
自宅なら、わりとすぐに「自分の車かも」と気がつけるかもしれませんが、大型スーパーの駐車場なんかでは、お買い物が終わるまで気がつかないことも多いですよね。

 

そもそもなぜ鳴るの?

まず、よく報告されるのが、キーレス(スマートキー)と、差し込んでガチャっと回すタイプの鍵での開け閉めのときです。
例えば、前日にスマートキーでロックボタンを押して、翌朝、スマートキーではなく一般の鍵の方でドアを開けようとしたら鳴ったりします。
それは、スマートキーでロックをすると、セキュリティがONになるのですが、一般の鍵ではセキュリティが解除されないようになっているからです。
こういった時は、慌てずにエンジンをかけてみると、ほとんどの場合は止まります。

そして注意しなければならないのが、子供や同乗者が中にいる状態で鍵を閉めることです。
その状態で中の人が、中から解錠すると警報が鳴ることがあります。

また他にも、ドアやボンネットの開閉センサーの不具合が原因で鳴ってしまうことがあります。
欧州車なんかですと、バッテリーの電圧低下でも鳴ってしますことが多いです。
これは、このままだとコンピュータがセキュリティが不十分になってしまうと判断してしまうからですね。

ただし!

これは、各メーカー・各車種によって「鳴る基準」「止め方」が違いますので、一度取り扱い説明書に目を通すことをお勧めします。

 

鳴るとどうなるの?

ホーン(クラクション)が鳴り響きます。
大体1分から3分鳴って一旦止まり、又しばらくすると鳴り出すと言う感じの制御になっていると思います。

動画でいうと、こんな感じです。
ついでにホンダ NBOXの警報の止め方も紹介しているので、合わせてチェックしてください。

 

どうでしたか?
意外とインターネットでも盗難防止アラームの止め方が紹介されていることが少なかったので、取り上げてみました。

 

この記事について

参考になりましたか?

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ

乗る

【嘘?本当?】合法でパーキングメーター無料駐車の使い方!?調べた結果・・・

街中で見かけるパーキングメーター。ある男性が巻き込まれた「いざこざ」が原因で、合法でパーキングメーターを無料で使う方法が判明した?とネット上で大変話題になりまし...

乗る

こんなにいる「車から救出された猫」画像集

寒くなると多発する悲しい事件。猫がエンジンルームなどに入り込んでいて、気づかずにエンジンをかけてしまうと・・・

乗る

車の走行距離を調べる方法(ODOオドメーターとトリップメーター)

自分の車って、いま何キロくらい走ってるのかな??車を売却する時にも、何キロ走っている車なのかは大事な要素です。今回は、車の走行距離の表示方法(調べ方)を解説しま...

乗る

ドライブデート!完全攻略(男女別)

ドライブデートは気をつけないといけないポイントが盛りだくさん。ドライブデート中はもちろん、誘う時には細心の注意を払う必要があります。服装にマナー、デートスポット...

乗る

【実話】スピード違反が免除になった方法と、違反時の点数・罰則金一覧

これから2つの動画を元に、スピード違反が免除になった方法をご紹介します。また、実際に違反してしまった人、違反はしてないけど、どんな罰が待っているのか不安なあなた...

ページ上部に戻る