【動画】自転車vsダチョウでスピード対決!!ダチョウの速さは時速50km超

面白記事 | 2016-03-21 19:47:00
1827 Views

Image of 【動画】自転車vsダチョウでスピード対決!!ダチョウの速さは時速50km超

なんとも珍しい動画が撮影されました。ロードレースの練習中に遭遇したのはダチョウ。ダチョウは足が早いのはご存知ですよね?突如始まったこのレース。自転車とダチョウの対決の行方は!?

まずは動画をご覧ください

動画を撮影したのはグーグルのプログラマーです。
場所は南アフリカ。
彼がそこで何をしていたのか等の説明は動画の後にしていきますが、とにかく「自転車」vs「ダチョウ」の様子をご覧ください。

 

スピードは時速50キロ超


出典:http://stonewashersjournal.com

ダチョウは飛ぶことができない鳥です。
大人になると体長は2メートルを超えて、体重も130キログラムほどになるそうです。
何より驚くべきなのは、そのキック力。
1平方メートル当たり、4.8トンものパワーがあるそうです。
そりゃあ、こんだけ速く走れるわけですね。
動画ではこのダチョウ、一生懸命走っているように見えますが、実際に並走していた自転車たちからすると「余裕そうだった」らしいです。
自転車の速度は、下り坂ということもあり時速50キロを超えていたようですが、ダチョウからしてみれば、たしかに余裕だったのかもしれません。
なにせダチョウって時速70キロで走れる鳥なんです。

ダチョウレースが過去存在


出典:http://blog.livedoor.jp

実は人を乗せて走っていた時期もあり、人を乗せた状態で800メートルを63秒で駆け抜けたそうです。
時速でいえば、45キロを超えます。
ただし、ダチョウは警戒心が強く、野生のダチョウが人間に近づくようなことは滅多にないそうです。
今回のレースは、奇跡的とも言えるでしょう。

 

撮影の背景

ご覧の通り、突如として始まった自転車vsダチョウのレースですが、彼らはそもそも何をしていたのでしょうか?

撮影者と撮影場所は?


出典:Wikipedia

この自転車vsダチョウですが、撮影者はスイスのグーグルでプログラマーとして働くオレクシー・ミチュチェンコさん。
趣味が自転車の彼は、友人と一緒に「ケープ・アーガス・ツアー」という自転車のレースに参加するために、南アフリカ共和国に来ていました。
大会前に友人とアフリカ大陸最南端にある「喜望峰」に向けて、田舎道をひたすら自転車で進んでいたようです。


出典:http://plaza.rakuten.co.jp 喜望峰

ダチョウの登場

視界の右端に2羽のダチョウを確認したと思ったら、突然1羽がミチュチェンコさんの前を進む友人を追いかけ始めたそうです。
何が起こったのかわかりませんが、ダチョウも彼らに危害を加えようとしていた様子でもなさそうですものね。
そして長い距離を並走し、突然、ダチョウは道を逸れて、どこかに行ってしまったそうです。


出典:Youtube

実は帰りにもダチョウが!

喜望峰に到着して、帰りの道でもダチョウに遭遇。
というのも、この近所にはダチョウ牧場があるようです。
放し飼いなのでしょうか??

 

とにかく、彼らは一生に一度の体験ができて大変うれしいということでした。
でも、実際に遭遇したら、少し怖いですよね・・・

 

この記事について

参考になりましたか?

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ

面白記事

【問題集】免許の試験(学科):ひっかけ「車は交通標識を守らなくてはならない」答えは?

今から免許を取得しようという方。学科テストのひっかけ問題は異常にウザイです。免許(教習所)の学科テストには間違いやすいというか、日本語として意味のおかしい問題が...

面白記事

【飛行テスト】空飛ぶ車(クルマ)をエアロモービル社が2017年発売予定

重力波の発見が騒がれていますが、2017年にとりあえず車は空を飛ぶようです。 自動運転も良いですが、こっちにも目を向けてみてください。

面白記事

【返り討ち】迷惑なDQN車を瞬殺する方法

たまにいますよね。ヤカラというかDQNというか。どっちも同じですけど。返り討ちにしてやりましょう。

面白記事

【衝撃動画】カンガルーが車をキックしたら・・・

みなさん、おなじみのカンガルー。ネットでのカンガルーの評判は「マッチョ」で「やばい奴」とされています。今回はドライブ中に野生のカンガルーにエンカウントし、先制攻...

面白記事

【問題】バスは右・左どちらに向かうでしょうか?大人には難しいらしい

子供は即答できるようです。ですが、大人の方には難しいと話題です。おわかりになりますか?

ページ上部に戻る