【危険!】プリウスやアクアなどハイブリッド車の事故には近づくな!感電の恐れあり

知識・アドバイス | 2016-03-01 12:23:00
9884 Views

Image of 【危険!】プリウスやアクアなどハイブリッド車の事故には近づくな!感電の恐れあり

事故だ!助けなきゃ!!でも車種によっては、近づいたら感電してしまい「あなたが命を落とす」危険があります。どんな車が危ないのか。なぜ危ないのか。感電するとどうなるのか。解説しましょう。

【目次】
・交通事故を目撃!
・何を確認すれば良いのか
・なぜ?答えは「感電」
・感電するとどうなるの?
・実は安全性能評価も変更された
・メーカー各社もマニュアルがある
・水没(冠水)時も当然危険
・「感電死」は避けよう

 

交通事故を目撃!

正義感の強い人であれば「すぐに助けないと!」「搭乗者を救わないと!」と思うでしょう。
そして考えるより先に行動を起こします。

でも、待ってください。
事故車両に近く前に「絶対に」確認しておかなければならないことがあります。
それが、いくらレスキュー隊の到着が遅れてもです。
もしかすると、あなた自身もダメになってしまい、レスキュー隊の手間を増やす可能性が高いです。

あなたの命があればまだ良いですが、死に至るケースもあります。

 

 

何を確認すれば良いのか

ガソリン車かHV(ハイブリッド車)か、はたまたEV(電気自動車)か

それは、事故車両がHV(ハイブリッドカー)もしくはEV(電気自動車)ではないかどうかの確認です。
HVまたはEVだと判明したら、容易に近づいてはダメなんです。
タイトルはわかりやすく人気車種で知名度の高いプリウスとアクアを例に出しましたが、どのHV・EVも同じです。

HVとEVの判断方法は?


出典:http://www.electric-ev-car.com

正直、車に詳しい人でないと見極めは困難です。
なぜなら、モデルチェンジでガソリン車からハイブリッド車になっている車種もあったりするからです。
「古そうな車ならガソリン車だろう」と思う方もいるかもしれませんが、その判断はとても危険です。
例えば、トヨタの場合2000年より前からハイブリッド車を販売しています。
自信がない方はレスキュー隊を待ちましょう。

 

なぜ?答えは「感電」

HV(ハイブリッド車)というのは、「ガソリンエンジン」と「電気モーター」など2つ以上の動力源を持つ自動車のことです。
EV(電気自動車)は「電気モーター」で動く自動車です。
この二つに搭載された高電圧のバッテリーにより、「感電」してしまう可能性があります。
これこそが近づいてはいけない理由です。

レスキュー隊も容易に近づけない


出典:http://trendy.nikkeibp.co.jp

ハイブリッド車・電気自動車が相手となると、完全防備のレスキュー隊ですらシステムを停止させるまで手を出せないのです。
レスキュー隊が作業にあたる場合は、耐電服や耐電仕様のグローブや長靴を使用します。
その上、漏電がないかどうか確認するためのスティックを使って、感電しないようにチェックをしながら作業を進めていくのです。
消防士も同じマニュアルで動きます。
これだけ装備をしたプロが、慎重に対処するのですから、素人が何も考えず事故車両に触れることは大変危険です。

エンジンを止めてしまえば良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、エンジンが止まっていてもHVシステムは作動していたりするので、HVシステムを切らなければ電流を止めることはできません。
※HVシステムの停止方法は、後半の各社マニュアルに記載

 

感電するとどうなるの?


出典:Wikipedia

人間の身体にどれだけの電気が流れると、どうなってしまうのかを簡単に解説します。

電流・電圧・抵抗の関係

まずは、電流・電圧・抵抗の関係を思い出す必要があります。
オームの法則という名前の式なのですが、小学校で習ったはずですが、忘れがちですよね。

電圧(ボルト)= 電流(アンペア) × 抵抗(オーム)

これが基本です。
人間の電気への抵抗は、通常は3,000オームといわれますが、水に濡れていると1,000オームまで下がるそうです。

感電時の電流の大きさ

人間は、どのくらいの大きさの電流に触れると、どのようになってしまうのかというと、

0~0.5ミリアンペア:人は感知できない 
0.5~5ミリアンペア:ピリピリした痛みのある刺激を触った部位に感じる 
5~30ミリアンペア:筋肉が痙攣・硬直し電気に触れている場所から離れることができなくなる、呼吸困難となり血圧の急上昇が起こる 
30~50ミリアンペア:筋肉が強く痙攣し失神する、感電時間が長いと死亡する場合もある
50ミリアンペア以上:強烈なショックで心臓が停止、皮膚表面や内蔵が火傷し死亡する確率が非常に高くなる


出典:九州電気保管協会

一般家庭の電圧100Vでは?

では、わかりやすいく一般の家庭の電流が人間にとって、どの程度なのか見てみると、

・通常時(濡れていない)の人間
100 = 電流 × 3,000
電流 = 0.0333.....アンペア = 33ミリアンペア

・濡れていいる人間
100 = 電流 × 1,000
電流 = 0.1アンペア = 100ミリアンペア

50ミリアンペアでもうダメかもしれないのに、濡れている場合では100ミリアンペアということで、感電死の確率が極めて高いですね。

問題のHV・EVで感電した場合は?

HVですら300Vと言われていますので、先ほどの家庭用電圧の3倍。
濡れてなくても、感電時の人間に流れる電流は100ミリアンペアということで、大変なことになります。

 

実は安全性能評価も変更された


出典:NASVA

自動車やチャイルドシートの安全性能評価を行っている機関でNASVA(自動車事故対策機構)というところがあるのですが、そこではHVやEVについても安全性について評価してしています。
どんなことを評価しているのかというと、「衝突時における感電保護性能」というものを見ています。

チェック範囲が「車内だけ」から「車内・外」へ変更

これは2014年に変更になったのですが、それまでは車内の人に対してだけ感電しないかチェックしてきたものを、車外にもチェック範囲が及ぶようになりました。
それは、これまでお話しした通り、事故の際に救出するレスキュー隊の活動に影響があると考えられたからです。

 

メーカー各社もマニュアルがある

トヨタ レスキュー時の取り扱い

・ホンダ 電気自動車(EV)・ハイブリッド車 レスキュー時の取り扱い

・日産 レスキュー時の取り扱い

・マツダ レスキュー時の取り扱い

 

水没(冠水)時も当然危険

「感電するとどうなるの?」で解説した通り、水と相性抜群の電気。
一応、ハイブリッド車や電気自動車が水没した場合は、車内に水が浸入し回路がショートすることにより高電圧が遮断されるようになっているそうです。
ですが、水没(冠水)時のHV・EVは極めて危険ですので、エンジンを入れるようなことは絶対にやめてください。
もちろん、できることであれば触れない・近づかないようにすることが無難でしょう。

トヨタ自動車でもHVなどの水害時の対応について、
「冠水したHVは何があるかわかりません。危ないので決して触らず、近くの販売店などにご相談をお願いします。不用意に冠水したHV車両には近づかないでください。」
というコメントをしています。

しかし、一方ではトヨタの「レスキュー時の取り扱い」によると、
「HV車、PHV車、EV車、燃料電池車(FCV)など、高電圧バッテリーを搭載した車両が部分的または完全に水没した場合、車体と高圧電回路は絶縁されているため、車体を触っても感電の心配はありません」
としている。

どちらが正しいのでしょうか。
どちらにせよ、触らぬ神には祟りなし。
水没(冠水)したHV・EVには近づかないほうが良いでしょう。

 

 

「感電死」は避けよう

今までの解説の通り、電圧によっては即死でしょう。

電気自動車ならびに、ハイブリッド車はレスキュー時の取り扱いを誤った場合、感電などの重大な傷害を引き起こし、最悪の場合、死亡に至るおそれがあります。

出典:http://www.mazda.co.jp

メーカー各社、しっかりと対策は講じているようですが、何度もいうように何が起こるかわかりません。
なにはともあれ、まずはすぐに110番もしくは119番に連絡をしましょう。

くれぐれも、パシャパシャと携帯電話で写真を撮っていて、レスキューを呼び忘れたりなんて、しないようにしてくださいね。
まずは連絡を!!

 

この記事について

参考になりましたか?

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ

知識・アドバイス

【注意!】最新「当たり屋」の手口がヤバすぎる!対策はあるのか!?

オレオレ詐欺よりはるかに巧妙な手口です。当たり屋の現状と、万が一、彼らのターゲットになってしまった時のための対策まで紹介していきましょう。

知識・アドバイス

高速道路で逆走!なぜ??理由をまとめてみた

「高速道路での逆走事故」最近よく耳にしますね。 高齢者だけだと思ったら大間違いです。 ふとした瞬間、罠にかかったようにあなたも・・・

知識・アドバイス

【免許証】写真の「持ち込み」方と、写りを良くする方法!芸能人の免許写真も解説!!

免許証の写真が犯罪者みたいなあなた!実はコツを知ってるだけで別人のように良くなります。また、事前に撮影しておいた写真も使えるって知ってました??次回の更新の時に...

知識・アドバイス

【危険!】プリウスやアクアなどハイブリッド車の事故には近づくな!感電の恐れあり

事故だ!助けなきゃ!!でも車種によっては、近づいたら感電してしまい「あなたが命を落とす」危険があります。どんな車が危ないのか。なぜ危ないのか。感電するとどうなる...

知識・アドバイス

ウインカー(方向指示器)の音って変更できるの!?その方法とは!!

「カッチ、カッチ」あの同じような機会音って何の音?実はアレを面白い音に変えているケースも!!これは新しい!!

ページ上部に戻る